« 高知への旅 石垣の里 | トップページ | 高知への旅 帰路伊勢神宮へ »

2009/11/11

高知への旅 アカメと龍馬

数日間という短い間でしたが、四万十市とも別れを告げ、帰路に着きました。
帰りは無理なくゆっくり帰ることにし、高知市へ立ち寄ることに・・・
桂浜の丘の上に建つ「桂浜荘」という国民宿舎に宿泊しました。
周辺の見所や散策コースは近いですし、部屋も広く、窓からの眺めが最高のとても良いホテルでした。

月の名所として知られる桂浜ですが、この日は夕日が沈む頃から、きれいなまん丸の月を見ることが出来ました。
夜には浜辺で「お月見の夕べ」というイベントが行われており、その月をバックにフルートやトロンボーンの演奏が行われ、なんとも幻想的な光景に感動しました。
A1


この桂浜には桂浜水族館が隣接されています。
ここを訪れるのは、もう十数年ぶりでしょうか、息子を連れて入ってみました。
海や川の様々な生き物がいますが、私のお目当てはやはり「アカメ」です。
漫画「釣りキチ三平」で一躍有名になった四万十川のアカメですが、実際は四万十川だけでなく、高知県や宮崎県などの沿岸の汽水域にそれなりに棲息しているそうです。
ルビー色の目を光らせたこんなに大きな魚たちが泳いでいると思うと、ロマンを感じますね。
A2

下の写真の大きいアカメは115センチ以上もあるそうです。重量も25kgを超えているでしょうか。
近づいても臆せず悠々と泳いでますし、なんとも雰囲気のある様相ですね。

この魚、呼び名が色々あります。今回滞在した四万十市では、比較的小ぶりなものをアカメといい、これ程までに大きなものはミノウオと呼ぶのが一般的だそうです。
同じ高知県内でもこの他に、ヨロイウオ、ヌベ、タヌキと呼ぶ所もあるそうですし、徳島県ではメヒカリ、ミノウスズキ、宮崎県ではマルカ、大分県ではオキスズキ、鹿児島県ではオキノコイ等様々です。

もともとオーストラリアで有名なバラマンディ(LatesCalcalifer)という学名が適用されていたそうですが、1977年に片山氏が日本固有の種であることに気付き、現在の学名はLatesJaponicusKatayama&takiとされているそうです。

このアカメ、私がフライフィッシングでなくルアーの虜になっていたら、間違いなく出会いたい魚の1つですね。
A3

さて水族館を後にし、丘の上の坂本龍馬像へ・・・
毎年龍馬の誕生日であり命日でもある11月15日を挟み、約2カ月の間、横にある展望台から龍馬と同じ目線で太平洋を眺めることができるそうです。
展望台へは、6歳の息子は私の妹と共に勢いよく駆け上がって行きましたが、私は最近その息子より体力低下してますので、下で待ってました。けして見物料の100円が惜しかった訳ではありません。

この像、昭和初期に青年や学生の募金で建ったそうですよ。当時の若人のエネルギーを感じますね。
ところでこの龍馬は一体何歳の時なのでしょうか?
江戸へは19歳に上京したそうですし、33歳と若くして亡くなった訳ですから想像以上に若いとは思うのですが・・・

龍馬といえば今TBSで放映されている「JIN仁」という番組にも坂本龍馬役で内野聖陽さんが演じていますが、なかなかはまってます。ドラマはあまり見ないのですが、この番組は家族でよく見てます。
来年からNHKの大河ドラマ「龍馬伝」で福山雅治さんが龍馬役を演じるそうです。
福山雅治さん、髪の毛を伸ばして地毛で演じるとはりきっているそうですので今から楽しみです。
なにせ私のように高知に縁のあるもので、竜馬が気にならない人はいませんから。
A4

龍馬と同じく、6歳の息子も海の向こうに何をみているのでしょう?
R9_2


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたらとっても嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー


« 高知への旅 石垣の里 | トップページ | 高知への旅 帰路伊勢神宮へ »

コメント

土佐の難民さん、こんにちは。
高知の自然の豊かさには本当に驚かされます。
自分にも父から譲り受けた高知の血が流れていますので、高知は誇りに思います。
いつまでも良い所は変わらずにと、埼玉から祈ってます。

投稿: papa923 | 2009/11/11 15:13

Y'sさんはじめまして。
フライでアカメなんて、フライフィッシングの最高のロマンですね。
フライで釣れたら是非教えてくださいね。
今回は短い滞在期間でしたが、将来息子と高知の海や川で釣りをするのを楽しみにしてます。

投稿: papa923 | 2009/11/11 15:08

はじめまして。
ブログを見させてもらいました。
私はフライでシーバスを釣りに行っています。
アカメもフライで狙っています。
高知のFFショップ「やまひろつりぐ」さんの浦戸湾ボートガイドなのですが、釣り仲間も含めアカメをフライで釣っています。
暗闇ですが目の前でアカメと勝負する時も・・・
私はまだ釣ってません・・・
フライでもアカメに出会えるチャンスが多々ありますよ!
(すみません。しゃしゃり出ました。)
龍馬とアカメのロマンは最高ですね!

投稿: Y’s | 2009/11/11 12:32

はじめまして
土佐の龍民といいます
アカメなら四万十に行かなくても高知の街中にある新堀川でも釣れますよ。先日も結構大きなやつがやっすい竿とリールで釣れたようです

投稿: 竹内 龍民 | 2009/11/11 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1180765/32141597

この記事へのトラックバック一覧です: 高知への旅 アカメと龍馬:

« 高知への旅 石垣の里 | トップページ | 高知への旅 帰路伊勢神宮へ »