« 秋の日光湯川釣行 | トップページ | 奥入瀬渓流 »

2012/09/29

秩父フライフィールドレポ

婚姻色の美しい、大型のヤマメが釣れるラストチャンスと踏んで、昨日、仕事の合間に秩父フライフィールドを訪れました。
あいにく台風の影響で小雨模様でしたが、期待以上の良型ヤマメが遊んでくれました。

Yamame1

昨日の狙いは、桜色の婚姻色がうっすら出たヤマメ。
両型レインボーが泳いでいようが目もくれず、ヤマメを探すところから始めました。

Niji

下流から上がっていくと、所々ピシッっというライズが見られます。
ネイティブの秩父ヤマメのライズのようですが、これは今度のお楽しみ。
スルーして、歩き続けます。

しばらくすると、ある砂底の淵の肩のポイントで、ユラッと動く大きな影を発見。
「なんだろ?」とようやっとここで釣り開始です。

#14のブラックパラシュートを遠目からキャスト。
初っ端フライを見に来ますが、口も開けてもらえず、そのまま沈下。
やっぱり・・・(;д;)

そういえば、昨日岩井渓一郎氏が取材で訪れたということですから、その影響もあるのかも?きっと釣りまくったんでしょうねぇ。

さて気を取り直して再チャレンジです。
フライは見に来たわけですから、若干やる気がある訳ですし、今日の指針になる情報は欲しいところで、私にしては珍しく徹底的に狙うことにしました。

水面から始め、少し沈めてとフライ交換5回目でようやっと口を使ってくれました。
ティペット7Xでのやり取りは緊張しましたが、どうにか釣り上げられたのは、良型のイワナでした。

Iwana

パラシュート→Fニンフ→チャートリュースカラーのソフトハックル→ナチュラルカラーのソフトハックル→
で結局#16ビーズヘッドフェザントテイルニンフでパクっと口を使ってくれました。

これも岩井氏のサイン入りロッドのおかげでしょうかね(^-^;

Iwana2

さて瀬を眺めていると、大きなヤマメ達が追い掛け回しているのも目に付きます。
時期が時期ですからね。ペアリングが始まっているようです。
こうなると積極的にフライを追うことはしなくなっちゃいますからね。
スケジュール的にも今日が私にとってのラストチャンスです。

先ほどのイワナとのやり取りで、ドライは断念。
リアクションとかではなく、「ちゃんと喰って欲しい」との思いもあって、持ち合わせのニンフの中で一番自信のあるリアル系のニンフを付け、瀬の中の深みに投げ入れます。
ただ一度、大きなヤマメのディンプルライズを見たので、水面下5~10cmの付近をしつこく流すと・・・

ようやっと釣れちゃった訳です。

ね、顔がかっこいいし、ボディの桜色がとっても素敵です。
この個体はヒレも管理釣り場とは思えないほど立派なものでした。

Yamame2

私にとっては「会いたい」と思っていたヤマメを釣るとことが出来、とっても満足の一日となりました。

秩父フライフィールドは11月30日までの営業だそうです。
まだしばらく楽しめるようですから、皆さんも行かれてみてはいかがでしょうか。





« 秋の日光湯川釣行 | トップページ | 奥入瀬渓流 »

コメント

コメントありがとうございます。
市・・オッと頑張さん!

これ来年の芝川の準備の一環です。
例の場所に晩夏に行こうと思いましたが、芝川は婚姻色が出ると毛鉤に見向きもしなくなるという情報もいただいていたので、こうして色々試してます。

投稿: papa923 | 2012/10/04 14:29

狙った魚を仕留める・・・流石です。
まさにフライフィッシングの醍醐味を堪能されたようですね。
 それにしてもこのヤマメ、カッチョ良過ぎです。肌は秋色、顎がシャクレてて素晴らしいです。
 いつか自分もこういう素敵なお魚ちゃんに遊んでもらいたいです。

投稿: 頑張 照蔵 | 2012/10/04 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1180765/47248343

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父フライフィールドレポ:

« 秋の日光湯川釣行 | トップページ | 奥入瀬渓流 »