14:長野県 湯川等

2009/09/30

最終日は梓川

近郊の渓流釣りも最終日を迎えました。
春の解禁日には川へ出向く事は無い私ですが、秋の最終日にはいつもどこかの渓に立ってます。
今年の最後も昨年同様、梓川に行きました。

現地へ向かう道中、雨足が強くなったので不安になりましたが、いざ着いてみると小雨になり、水色も良くなかなかのコンディションです。
この川は広い瀬や大きな淵が連続してます。キャスティングの障害も無いのでとても気分良くフライフィッシングを楽しめます。最終日はとにかく、ストレスの無いところが良いですよね。
浅そうに見える瀬でも、頃合の良い石が沢山入っていて、意表をついたポイントから良型のイワナが出たりします。
しかも透明度が高いので、底からフライに向かってくるトラウトの様が一部始終が見られ、結果釣れなくても幸せな気分にさせてくれるのです。
A1

さて釣り開始!
プールでライズを見たものの、きっとスレてるだろうと、そちらは無視。
竿抜けを期待して、浅い瀬が続くポイントを叩いて釣り上がりました。

最初の1匹はかわいいブラウントラウトでした。
膝下程度の深さの、フラットな流れで、なんの疑いも持たずゆっくりとフライを咥えてくれました。
A2


で2匹目・・・・またもブラウントラウト!
以前はブラウントラウトを狙いに通っても、イワナしか釣れなかったのですが、立て続けとは珍しいこともあるもんだと思いました。
A3_2


で3匹目・・・えっ!・・・また・・・
A4

・・・4匹目・・・5匹目
な、なんと5匹連続ブラウントラウト !!(゚ロ゚屮)屮
最終日に、変な記録達成です。
梓川には何回も来てますが、こんなことは初めてです。
こんなに多かったっけ?
A7

その後、ようやっとイワナも釣れ始め、なんだか妙に安心しました。

ところで、途中でフライをチェンジした時から、なんだか急に反応が良くなりました。
謎を解くため、イワナにご協力いただき、お腹をちょっと拝見・・・で謎が解けました。
まぁ、似ているって言えば似ているし・・・
A5


5匹連続以降、それっきりブラウンの姿は見ませんでした。(これはこれで不思議ですけど)
シーズン最後を飾ったのは3回も同じフライに出てくれた、純真無垢のイワナでした。
A6

来年も遊んでね~! (*゚▽゚)ノ


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
梓川に行きたくなっちゃった皆様。来年までの辛抱です。
それまでは当ブログでも読んで暇をつぶしちゃってください。
ランキングに参加させていただいております。
↓ ポチッとクリックしていただけたら、とってもうれしいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


GyoNetBlog ランキングバナー


| コメント (1) | トラックバック (0)

2009/09/01

八千穂レイク釣行

台風一過の晴天を見込んで、長野県佐久穂町にある八千穂レイクへ行ったものの、見事目論見が外れ、ず~っと曇り空でした。
ここは前から気になっていた管理釣り場なのですが、事前に情報収集する訳でもなく、結局いつものように行き当たりばったりの初釣行となりました。

今日分かったことを少しお話します。
インレットは写真奥の右側から流れ込んでます。アウトレットは土手の1部にポンプで排水しています。流量はそれほどでもないようですし、今日は奥側で釣りをしたので、湖流を感じることはありませんでした。
管理棟の方にお話をお伺いしたところ、ここは全体的に船底型の地形で、土手側は足元から2m落ち込み、ほぼ湖中央に向かって、深くなっているそうです。最深部で7mあるということですから、様々なスタイルで楽しめます。
Y1

ウェーディングやフローターでの釣りも楽しめます。
フローターは有料で一式レンタル出来ます。夏は最高でしょうね。
ウエーディングポイントは2ヶ所です。この奥側と管理棟前のインレット付近です。
ずぼらな私は勿論、陸からです。

それと、土手側には8ヶ所桟橋があります。スペイにはもってこいですし、土手の高さも、草も、オーバーヘッドでもそれほど支障が無いように感じました。

Y2


ここのトラウト達はサイズが大きいということで、私は#6のシングルと#7のセミダブルを用意しました。
始めて数投で#7のタイプ1にヘロヘロ系のフライを付けたシステムに良型がヒットしたので、楽勝かと思いきや、そうはいかず、頭に汗をかきながらの展開となりました。

それでも釣れる魚は殆どリリースネットからはみ出さんばかりの魚体。
1匹釣る毎にハーハーゼィゼィしちゃいます。
で、これはお魚さんたちも同じ。
今日、困ったことは、あまりに双方体力を消耗するので、うまく記念撮影が出来ないことです。
読者のみなさま方にすばらしい魚体をお見せしたかったのですが、今回の撮影時間は1匹につき、5秒。
さすがにまともな写真は撮れませんでした。ご了承のほど・・・
その甲斐あって、皆、元気に泳いで帰りました。
Y3


このヒレじゃあ、思いっきり引くのもうなずけます。
Y4


また遊んでね~。
Y5

さてお魚さん達の写真もお見せすることが出来ましたが、ここ八千穂レイクの攻略にはほど遠い結末でした。
お魚さん達はものすごい数います。
アベレージは50cm位でしょうか。中には明らかに70オーバーの姿もあります。

その全てがキャッチアンドリリースにより、ものすごく賢くなってます。
1~3mの水深にフライを沈め、誘って釣れたのは最初の1匹だけ、その後フライパターンを替え何度もトライしたのですが、全くノーバイト。コツリともしません。
インターミディに替えて0.5~1m付近を攻めても全く一緒です。
水中を良く観察していたのですが、フライの見切り方が、尋常じゃないです。どの手のフライでも、はっきり拒否されます。動いているものへの反応もすこぶる悪いです。

その中でも何とか釣りになったのが、水深50cmから水面までの間です。
今日は目立ったハッチはありませんでした。それでもときより水面が割れます。
風で飛ばされた陸生昆虫等がその原因なのですが、本物でも疑心暗鬼に、それでも確実に喰われます。
そのライズリングの中にすかさずフライを投げ込み、勢いで咥えさせるか、浮いている昆虫に似せたフライをず~っと浮かべておくかのどちらかで、なんとか釣果を得られた次第です。

ちなみに表層付近での釣りのティペットですが、4Xは全く見向きもされず、6Xはやっぱり私の腕ではブッちぎられます。5Xでなんとか、ってな印象でした。
それでも殆どが50オーバーのレインボーですからそれはもう心臓バクバクです。
それでもって、魚とのやりとりに時間が掛かり過ぎ、双方、疲労困憊となっちゃう訳です。
・・・で良い写真も撮れない・・・と。

次回は余力を残した、きれいでグラマラスなお魚さんの写真を、なんとか撮りたいものなのですが・・・


おまけの情報
#14~16のカディス形状のドライフライで、ボディの後ろ半分がホットオレンジ(前半分はダークブラウンor黒)のパターンがこの日13~16時位まで、特に効果があります。このフライだけは特別な反応をしました。
(ご想像とおり、このような昆虫が浮かんでいるからです。)

以上ご参考までに・・・

「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


GyoNetBlog ランキングバナー

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/09

春色の軽井沢

今日は長野県軽井沢へ家族で出かけました。
我が家のある埼玉県近郊は木々の緑も濃くなってきたのに、軽井沢ではまだ若葉色です。
例年まだ寒い日も多い軽井沢ですが、今日は外で遊ぶには丁度よい天気でした。

子どものリクエストでまずはパターゴルフにチャレンジです。
「軽井沢ゴルフ練習場」という所で、とても広くて気分の良い所でした。
G1

池の向こう側には練習場もあります。
100打席もあり、打席裏が駐車スペースなので、重いバッグを運ばなくて済みます。
久々にゴルフをやりたくなりました。
G2

パン工房の老舗「あさのや」さんで美味しいパンを購入し、公園で食べることにしました。
A1

子どもの大のお気に入りの公園です。
「湯川ふるさと公園」といいます。
この規模の遊具がある公園はなかなかありません。
K1

子どもの笑顔は、見ているだけでエネルギーをもらえます。
K2

K3

K4

隣接している、こんなに広いグランドも、今日は貸切でした。
K5

日暮が近くなった4時過ぎ、ようやっと私の時間です。
T1

湯川でと思いましたが、子どももいることですし、小渓に入ることにしました。
湯川は若干増水気味でしたが、いい雰囲気です。
T2

ただ、近くに子どもがいると、すぐにいたずらします。
あっちこっち落ち着くことがないので、キャスティングには十分注意が必要となります。
集中出来ないので、釣果も望めません。
でも、まぁ楽しいです。
T3

子どもが自分で見つけた遊びに夢中になってきた頃から、ようやっと本気モードです。
この渓は釣り人も少なく、素直なポイントからヤマメやイワナがフライに出ます。
T4

ただ、やはり草木に覆われたところが好ポイントです。
なかなか思い通りにアプローチさせてくれません。
T5

少ない時間ながら、期待を裏切ることなくきれいなヤマメたちが遊んでくれました。
写真は小さいながらも、口の尖った美形の湯川の子です。
T6

T7_2

本日の締めは中軽井沢でお気に入りの「四川亭」でお食事です。
自家製のラー油が程よい辛味で、どの料理もすごく気に入ってます。
今日は四川湯麺を賞味しました。お奨めです。
S1


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)