09:東京都 養沢毛鉤専用釣場

2011/03/09

今年の養沢は美形ヤマメ揃い

今年初の養沢釣行です。
9時頃到着した時は水温も3度程度で心配しましたが、晴天に恵まれ気温も上昇し、風も3時頃までは微風となかなかのコンディションでした。
0


水温があまりに低いこともあり、朝一は日の当たるポイントを重点的にチェックしていたところ思いもせぬライズ発見!
フローティングピューパで3投目、さっそくヤマメが釣れちゃいました。
なかなか美形のヤマメです。
1

で、カメラのファインダー越しによ~く見ると、アブラヒレが・・・な、無い!
w(゚o゚)w
2

養沢に行かれた方はご存知かと思いますが、ここでは稀にこのようにアブラヒレを切り取ったヤマメがいます。
見事釣り上げ、鑑定していただき認可されると、ヤマメをデザインしたバッジがいただけちゃいます。
私も過去一度だけいただいたことがあるのですが、まさか初回釣行の3投目で出会うなんて思ってもいませんでした。今年は何か良いことありそうな予感がします。
(^-^)

このバッジ、毎年カラーの構成が違うんですよね。このバッジ欲しさにヤマメだけ狙ってもなかなか釣れるものではありませんし、リリースしてからヒレの有無を確認し忘れたことに気が付くことも多いんです。
それだけ私にとっては滅多にいただけるものではないですから大切な宝物となりました。
23

それにしても今年のヤマメは鼻が尖がり気味でずいぶん2枚目になったものだと関心しきりです。
このヤマメだけ?と思いきや・・・
3


4

5

6

ね、みんな良い顔してます。
今年の養沢ヤマメは美形揃いのようですよ。

特に私好みの美形ヤマメは下の写真の子です。
うっすらと桜色に染まったきれいな魚体は、ようやっと来た春を感じずにはいられません。
8_2


こういう子はどこから撮っても様になります。
9


今日は最初から最後までこんな美形な子たちが遊んでくれました。
参考までにストマックは想像通りのこんな感じです。
7


ライズのピークはお昼前で、その後も散発ライズは続きますがグンと難しくなります。
ハッチが始まって間もないころのほうが素直にフライに出てくれました。

その後3時頃から風が吹き始め、頑張れば釣り自体はできるのですが、なんだか鼻がムズムズ・・・
見上げると山が霞むほどの杉花粉
(lll゚Д゚)

このヤマメを最後に早々に引き揚げました。
10

それにしても今日はホント出来過ぎ。
釣果もさることながら、バッジヤマメから始まりフライのロストもなく、バラシも2度のみ。
フライも2種4本だけという効率の良さ。
こんな日もあるもんですね。
次回はどうなることやら。

「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたらとっても嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
GyoNetBlog ランキングバナー


| コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/04

3月初旬の養沢

初春の釣りはスカッと晴れた真昼間にライズを相手にするのが楽しみなのですが、今日はあいにくの曇り空。
でも3時頃から雨が降りはじめるという予報は少しはずれ、帰路についた4時半頃まではもったのでそれだけでも良いかと・・・

深淵の底べったりにも多くのトラウト達が見られましたが、その子達は全くやる気無し!
こんな浅い瀬に付いている子達はそこそこ遊んでくれました。
1

2


午前中はライズも無く、フライを沈めて釣ると、なかなか美男子のレインボーが強い引きで楽しませてくれました。
午前中はレインボー中心でしたが、全般的には水温も低いせいか、水中でも深さとレーンを合わせないとレインボーといえどなかなか釣れてくれない状況でした。3


お昼近くになり、散発ながらライズをし始めたのはヤマメ達。
#24以下のユスリカフローティングピューパでなんとか反応してくれます。
あどけないながら、きれいな色を身にまとった1匹でした。
4


ヤマメの高活性は12時頃から3時位がピークのようです。
フライをじーっと見た後、ポコンと咥えてくれた、なんとも気持ちの良い釣れ方をしてくれた1匹でした。
5


こちらはサイトフィッシングで釣り上げたイワナです。
瀬の開きで胸ビレの白いラインが見え、しつこく狙い、4度もフライを交換しようやく手にする事が出来ました。
6


ここ養沢ではアブラヒレを切ったヤマメがいまして、それを釣り上げると記念バッチがもらえます。
3月は最も釣れやすい時期なのですが、今回は残念ながら手にする事は出来ませんでした。
でもこんなかわいいヤマメ達が予想以上に遊んでくれたので、とても満足な1日でした。
7


新緑が芽生えるころ、また訪れることを誓い、最後の1匹をそっとリリースして帰路につきました。
8


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたらとっても嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

GyoNetBlog ランキングバナー

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

5月の養沢

目に眩しいくらいの緑です。
養沢毛鉤専用釣場の最も美しい季節になりました。
Y1

若干増水ですが、クリアな水質でいい感じです。
Y2

レインボーの活性も上がってきて楽しく遊べます。
Y3

ヤマメはかなり警戒心が高く、一筋縄では釣れなくなってますが、そこがまた面白いんです。
本物の水生昆虫でも水面上だと疑心暗鬼なのですから・・・
そのわりに花びらをバックリと咥えたりと、謎が多いです。
ゆったりゆっくりと遊べるこのような場所ですと、あまり釣りに貪欲になりません。このようにヤマメの捕食活動を観察しているだけでも楽しいです。
いるところにはこのように集団でいるケースもあります。必ず活性の高い輩がいるのですが・・・・
一度お試しあれ!
Y4_2

今日は日差しが強かったので、緑に囲まれたポイントを重点的に釣り歩きました。
最後にマイナスイオンいっぱいの滝で、存分に浴びて養沢を後にしました。
Y5


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/05

4月の養沢

我が子も明日から幼稚園の年長さんです。
最後の休みだというのに、朝からテレビなんぞ見ているものですから、強引に外に引っ張り出します。
自分も強引に仕事をかたずけ、自宅から50分ほどの近場にある「養沢毛鉤専用釣場」へ向かいました。到着したのは、すでに2時。しかし、やんちゃ坊主が一緒だと数時間で全体力を消耗します。
Sakura
満開の桜まではあと数日を要するようですが、この時期の養沢はどこかのんびりしていて大好きです。

Yamame1
いまだにヤマメの活性は高いようで、最近の他河川での苦戦を忘れさせてくれます。

Futari
沢山のきれいな魚たちや自然、変幻自在のループなど、ひとつでも子どもの心象に残ってくれれば良いのですが・・・

Benkyo
子どもは何にでも興味津々です。

Yamame3
我が子は最近、このようなヤマメを見て、「きれ~い」「かわいい~」と言うようになってきました。
撮影に手間取ると、「早く放してあげて」なんて注意されちゃいます。
子どもが優しくリリースしている姿を見てると、とても幸せな気分になります。

Yamame2
開始早々釣果にもめぐまれたので、管理棟でスタッフの方々とコーヒー片手におしゃべりです。
55年にわたる歴史の話やら、ここの魚たちの性格やら、なんだか得しちゃいました。
そうそう、この時期、管理棟で販売している「のらぼう菜」1束100円はお土産に良いですよ。
おひたし、炒め物、味噌汁、なんでも美味しいです。

「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/05

養沢

ようやっと私も始めちゃいました。初ブログです。
多分私のことですから、気まぐれで更新ということになるでしょうが、よろしくです。wink
ということで、いよいよ渓流も解禁となりました。

今年は山梨県漁協連合会の発行している「県下共通遊魚承認証」を購入しました。
この承認証は山梨県下の各々の河川湖沼の年券を買わなくても、全ての場所で遊魚出来ちゃう優れものです。
21000円と高額ですが、はたして元はとれるのでしょうか?
まだ手元に届いていませんので、今回は養沢に出陣してきました。

Photo_4 水量は平水といったところでしょうか?
水温はまだ低くハッチも少なめです。
この日はお昼過ぎの時間帯が、ハッチのピークで若干のライズもありドライで遊べました。

Photo_2
ウイングの斑模様から「マエグロヒメフタオカゲロウ」だと・・・?
あいかわらず名前は覚えられません。

Photo_3
写真は#23フローティングピューパをゆっくりと咥えてくれた1匹です。
この日はなかなか好調で、釣った数がレインボーよりヤマメの方が多いという快挙です。
かえって水温が低かったのが良かったようです。
2ケタ釣ったにも関わらず、記念バッジを貰えるヤマメが釣れなかったのが少しだけ心残りです。

Photo_5
ハッチの少ないときはニンフで楽しんでました。
傾向的にマーカー下を深くすればレインボー、浅めでヤマメといったところが顕著でした。
写真のニンフは「吉村渓流」という餌釣り用フックに巻いたものです。
先端のシャープさはフライフックには無い鋭さです。
ですが巻くのは大変です。

Photo_6
最後の1匹を大物で締めようと難しい流れに狙いを済ませ、パシャッと出たのが上の魚でした。
目標の半分以下のサイズですが、目の上のゴールドがたまらなくかわいいので良しとし納竿しました。


「Take it easy!」にご来場いただきありがとうございます。
ランキングに参加させていただいております。
応援のほど宜しくお願いいたします。
↓ ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

| コメント (0)